良い負債と悪い負債が分かれば不動産投資に成功する | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資

2人に1人が大家さん
不動産投資の学校
fudousan

良い負債と悪い負債が分かれば不動産投資に成功する

良い負債悪い負債が分かれば不動産投資に成功するのです。

良い負債というのは、自分の資産を増やして、
収入を増やすために借金をする事です。

悪い負債というのは、自分の資産を増やさずに、
収入を減らして借金をする事です。

この2つの違いが理解できれば、
不動産投資に成功できます。

具体的に良い負債というのは、
収益物件を購入するためのローンなどがそうです。

アパートやマンションをローンを使って購入をしますと
当然、それだけの不動産という資産が増えます。

さらに家賃収入が増えて、自分の収入が増えます。

そして、家賃収入から収益物件を購入をした
ローンの支払いをすれば、自分の収入と資産を増やすための
負債となります。

このような負債をたくさんしますと、自分の収入が飛躍的に多額になり
自分の資産も大きくなります。

これがまさしく不動産投資の成功をする王道です。

これに比べて、悪い負債というの
持ち家を購入するための住宅ローンがそうです。

自分が住むためだけの家を購入するために借金をするのです。

持ち家は、自分の収入を増やしません。

しかし、住宅ローンの支払いは毎月あるため、支出を減らします。

ですから、自分の収入を結果的に減らす負債となります。

このような夫妻は自分を貧乏にする負債となります。

これが悪い負債です。

この二つの負債の違いが分かれば、不動産投資で成功できます。

不動産投資

2人に1人が大家さん
不動産投資の学校
fudousan

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » サラリーマンをリタイアするノウハウ » 良い負債と悪い負債が分かれば不動産投資に成功する