倹約とケチを勘違いすると不動産投資に失敗する | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



倹約とケチを勘違いすると不動産投資に失敗する

倹約とケチを勘違いすると不動産投資失敗するのです。

倹約をする人は、不動産投資に成功します。

しかし、ケチをする人は、不動産投資に失敗をします。

この2つの違いを理解していない人は、非常に多いです。

倹約というのは、身の丈以上の贅沢をしないことです。

これが不動産投資を始めるとできない人が意外と多いのです。

なぜかと言いますと、不動産投資を始めると収入が多くなるため、
贅沢品をたくさん買う人がいます。

例えば、家賃収入が年間5000万円ぐらいになります、
フェラーリーを購入したりする人がいます。

しかし、そのような人はいずれ借金を返すために
借金をするようになり、破綻をします。

なぜ、そのような状況になるかと言いますと、
収益物件を購入しますと、維持費が必要になりますが、
その維持費を支払うだけの現金が無い状況になるからです。

このため、維持費を支払うのに借金をするようになり、
いずれ税金が支払えなくなり、税金を支払うために
借金をするようになります。
(このような事は借金を流用し始めることで可能になります)

ですから、不動産投資を始めて収入が増えても
自分の生活をあまり買えないことが成功をするポイントです。

ただ、支払うべきお金をケチる人間は不動産投資に失敗をします。

例えば、入居者募集をするのに広告代をケチったり、
謝礼を出すのをケチったり、修繕費を支払うのをケチったりすると
不動産賃貸業としてサービスをする事が低下をするのです。

このような事が分からずに、必要以上にケチって
不動産投資に失敗をする人が多いのです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » サラリーマンをリタイアするノウハウ » 倹約とケチを勘違いすると不動産投資に失敗する