一般的な投資家は危険な投資家であり損する | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資

2人に1人が大家さん
不動産投資の学校
fudousan

一般的な投資家は危険な投資家であり損する

一般的な投資家は危険投資家でありするのです。

一般的な投資家の90%以上は、投資をして損をしています。

そのため、多くの人は「投資をしても損をする物だ」

そのように考えています。

しかし、投資をして儲けている人はたくさんいるのです。

ただ、そのような人は一般的な投資かとは、
まったく投資のスタイルが違うのです。

このような事実を知っておくことが必要です。

一般的な投資家は、いわゆる専門家と言われる
人間の言うとおりに投資をします。

この専門家というものが実を言いますと曲者でして
本当は投資をした経験すらない人間が
専門家であると自称しています。

このような人間は、銀行や証券会社、FP、
不動産会社などに非常に多いです。

このような専門家というのは、
投資に関しての理論は知っています。

ただ、実際に投資をして儲けたことが無い人がほとんどです。

ですから、まったくピントのずれたことしか言いません。

銀行や証券会社の専門家は、ただの投資信託の営業マンです。

自分にノルマがあるため、たくさん投資信託を販売して
実績を上げないと給料が上がらないのです。

このような現実を知らないと自称専門家からカモにされます。

本当の儲ける投資家は、自分で投資先を分析をして
投資を決断するのです。

不動産投資

2人に1人が大家さん
不動産投資の学校
fudousan

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » サラリーマンをリタイアするノウハウ » 一般的な投資家は危険な投資家であり損する