持ち家は負債である事を不動産投資をするうえで理解する | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資

2人に1人が大家さん
不動産投資の学校
fudousan

持ち家は負債である事を不動産投資をするうえで理解する

持ち家負債である事を不動産投資をするうえで理解する事です。

この事が理解できない限り、
サラリーマンをリタイアする事が遠ざかります。

もし、現在、持ち家がある人はほとんどの人が住宅ローンを組んで
購入をしているでしょうから、自分の置かれている状況を
理解して自覚をする必要があります。

まず、借金をして持ち家を購入する事は、
資産を購入する事でなく負債を抱えることです。

その理由は、非常に簡単です。

持ち家というのは、所有をしていても、
一切収入が発生をしません。

その代わり、住宅ローンの返済という
負債を抱えることになります。

毎月、自分の収入から決まった金額の
借金の返済金を支払う必要があります。

このため、自分の収入を増やす資産ではなく
自分の収入を減らす負債です。

これが持ち家を住宅ローンを組んで購入をした場合の
資産ではなく負債である意味です。

さらに、持ち家は築年数が経つと
日本のほとんどの立地条件では価値が下がります。

持ち家を購入をした価格以上で
持ち家を売却できることはほとんどないです。

それどころか、持ち家を購入した価格の
2分の1以下に価値がなっていることもあります。

このため、ほとんどの人の持ち家は負債と評価するのです。

不動産投資

2人に1人が大家さん
不動産投資の学校
fudousan

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » サラリーマンをリタイアするノウハウ » 持ち家は負債である事を不動産投資をするうえで理解する