勤労所得を不労所得やポートフォリオ所得に変えるのが投資家 | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



勤労所得を不労所得やポートフォリオ所得に変えるのが投資家

勤労所得不労所得ポートフォリオ所得に変えるのが投資家です。

このような事を実践をする事で遅くても
45歳までにはサラリーマンをリタイアできます。

しかし、世の中の多くの人は、このような事が実践できません。

その理由は簡単です。

自分が働いて手に入れた勤労所得を
自宅や車などに使ってしまうからです。

そのため、常にお金に困っている状態です。

ですから、労働者から抜け出すことができません。

なぜ、勤労所得を不労所得である収益物件や
ポートフォリオ所得である株式に投資をする事が
できないのでしょうか?

このような事を考えることができないのは、
お金に関する知識が無いからです。

なぜかと言いますと、お金に関する教育は
学校ではほとんど行っていません。

ですから、多くの人は大学まで卒業をしても
労働者としての知識はあっても、
お金を働かす知識が無いのです。

このため、いつまで経っても仕事に依存をしないと
生活ができません。

安定した仕事に依存をしているのは非常に危険な事です。

そして、自分の人生で一番重要な時間を浪費する事です。

もし、本当にサラリーマンをリタイアしたいのであれば、
自分が働いて得た給料を積極的に収益物件であるアパートや
株式に投資をする事です。

そうする事で数年経ちますと、
加速度的に自分の資産が膨れ上がります。

その結果、サラリーマンをリタイアできるだけの
お金持ちになれるのです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » サラリーマンをリタイアするノウハウ » 勤労所得を不労所得やポートフォリオ所得に変えるのが投資家