不動産投資をする上で悲観的な予測をしない | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



不動産投資をする上で悲観的な予測をしない

不動産投資をする上で悲観的予測をしない事です。

投資をしますと、必ず悲観的な事を言う人がいます。

「市場が暴落をしたらどうするのですか?」

「リーマンショックのような大不況が来たら、どうしますか?」

このような事を必要以上に心配をする人がいますが
正直そのような人は投資をする事に対して、非常に臆病なだけです。

もし、自分が投資をしていて市場が暴落をしましたら、
逆にそのような時は投資をする絶好のチャンスです。

最近ではその絶好のチャンスがリーマンショックであり、
ユーロ危機でした。

リーマンショックのような100年に一度の経済危機が訪れますと
株式市場や不動産投資市場は暴落をします。

現実に暴落をしましたが、私はそのような時に株を購入しました。

その株は中国株で中国建材と言いますが、2.0香港ドルで購入をしました。

そして、それから2年ほどで20香港ドルになって、
10倍以上儲けることができ売却をしました。

ユーロ危機の時は、三重県鈴鹿市のアパートが
利回り27%で売りに出されていました。

私はそのアパートをすぐに購入をしました。

そして、現在でも保有をして運用をしています。

このように市場が暴落をした時であるほど、
絶好の投資をする状況になるのです。

ですから、不動産投資をするうえで市場が暴落をする事を
悲観的予測と考える必要が無いのです。

逆に投資をするチャンスと考えることができるのです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » サラリーマンをリタイアするノウハウ » 不動産投資をする上で悲観的な予測をしない