不動産投資の専門家であっても市場予想はできない | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資

2人に1人が大家さん
不動産投資の学校
fudousan

不動産投資の専門家であっても市場予想はできない

不動産投資専門家であっても市場予想はできないです。

このような現実を知る事が必要です。

そうする事で自分が購入をする不動産投資物件の高値掴みを防ぐ事ができます。

投資の市場は、バブル状態というのもが存在をします。

最近では、2004年~2008年頃まで、
また、2011年からも不動産投資のミニバブル状態が続いています。

このような時は、非常に収益物件の利回りが低く
それでいて融資が簡単に金融機関から受けられる状態です。

このため、多くのサラリーマンがリタイアをする事を目指して
不動産投資物件を購入しています。

しかし、購入をしている収益物件が非常に高値で売りに出されています。

そのため、採算が取れる状態でない収益物件を
購入している人が非常に多いです。

このような状態の時に不動産投資の専門家が

「今の市場は当分続く」

などと言います。

ただ、そのような専門家が本当に正しい事を言っているかと言えば、
そのような事はありません。

2004~2008年頃まで続いた不動産投資市場のバブルは
リーマンショックによって、ものの見事にはじけました。

このような専門家では予測ができないことが
世の中では普通に発生をするのです。

そのため、どのような時であっても対応ができるように
自分が収益物件を購入する基準を持つことが必要です。

その基準に達した収益物件であれば、購入をして
そうでない収益物件であれば、購入をしない。

このような考えを持つことで、自分が損をしないです。

逆に、このような基準を持っていない人が
不動産投資をしますと、大きな損失を出すのです。

不動産投資

2人に1人が大家さん
不動産投資の学校
fudousan

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » サラリーマンをリタイアするノウハウ » 不動産投資の専門家であっても市場予想はできない