市場が暴落をしている時に不動産投資をする | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



市場が暴落をしている時に不動産投資をする

市場暴落をしている時に不動産投資をする事です。

景気というのは、好景気と不景気があります。

同じように不動産投資市場も景気が良い時と景気が悪い時があります。

この景気の関連性は、一般的な景気と不動産投資市場の景気と
ほとんど同じです。

景気が良い時は、収益物件も高値で取引されやすいです。

景気が悪い時は、収益物件は安値で取引されやすいです。

このため、景気が良い時は不動産投資物件の利回りは低くなります。

景気が悪い時は、不動産投資物件の利回りが高くなります。

景気が良い時から景気が悪くなる時には、
不動産投資市場は暴落をする事が多いです。

これは株式市場でも同じような事が言えます。

市場が暴落をしている時は、収益物件などは投げ売りをされる事が多いです。

そのため、通常では信じられない高利回りの収益物件を購入する事ができます。

成功をしている不動産投資家は、このような時に収益物件を購入するのです。

そうする事で、大きく稼げるのです。

また、投資をする金額を少なく抑えることができます。

このような事が上手にできるようになると、
不動産投資家として成功をします。

しかし、市場が暴落をしている時に投資をする事は勇気がいります。

多くの成功をしている不動産投資家は、この勇気を持っているのです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » サラリーマンをリタイアするノウハウ » 市場が暴落をしている時に不動産投資をする