自分が仕事を作り出すことがサラリーマンをリタイアした立場の人間 | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資

2人に1人が大家さん
不動産投資の学校
fudousan

自分が仕事を作り出すことがサラリーマンをリタイアした立場の人間

自分が仕事を作り出すことがサラリーマンリタイアした立場の人間です。

一般的な労働者というのは、仕事を持っています。

仕事を持っている理由は、非常に単純です。

仕事を持っていなければ、生活ができないからです。

生活費を稼ぐために、仕事をしないといけないのです。

ですから、労働者であるのです。

これに比べて、サラリーマンをリタイアした人は労働者ではありません。

他人に雇われて働く事もなく、労働をする事もほとんどありません。

その代わり、他人に対して仕事を作りだす立場になるのです。

例えば、不動産投資をしてアパートの大家となりますと、
ほとんどの人が管理会社に管理をお願いをします。

その結果、アパートの管理の仕事に関しては、
管理会社の社員が実際にする事になります。

その仕事の対価として、サラリーマンをリタイアした人は、
手数料を払うのです。

このような事が仕事を作りだすことになります。

自分は実際に労働をする事が無く、他人に自分の仕事を代わりに働く事を
お願いをして仕事を依頼するのです。 

ですから、自分でほとんどの仕事をする必要が無くなります。

これがサラリーマンをリタイアした人間の立場と実情です。

不動産投資

2人に1人が大家さん
不動産投資の学校
fudousan

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » サラリーマンをリタイアするノウハウ » 自分が仕事を作り出すことがサラリーマンをリタイアした立場の人間