自分が働く事を辞めたら、どのぐらいの期間持つか、考える | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



自分が働く事を辞めたら、どのぐらいの期間持つか、考える

自分が働く事を辞めたら、どのぐらいの期間持つか、
考える事が必要です。

自分が今日から働くことを辞めたら、
現在の生活水準とライフスタイルでどの程度の期間持つか、
考えることはサラリーマンをリタイアするうえで重要です。

なぜかと言いますと、現在の自分の支出を知ることができるからです。

現在の自分の支出を知ることができれば、
それを上回る手取りの収入があれば、サラリーマンをリタイアしても
毎月貯金ができる生活ができます。

このような事を考えれば、自分が目指す収入の金額を
知ることができます。

一般的に自分の支出の2倍の手取りの収入があれば、
余裕でサラリーマンをリタイアできて、現在の生活を維持しながら
楽しく生活をできるのです。

例えば、毎月の支出が30万円であれば、収入が税金を支払って
手取り60万円あると余裕でサラリーマンをリタイアできます。

手取りで毎月60万円というのは、結構な額です。

税金を支払って、年収が720万円です。

これだけの金額の収入がありますと、毎年360万円の貯金ができます。

5年、この収入で生活をすれば、1800万円の貯金ができます。

サラリーマンでは、中々5年で1800万円貯金をするのが難しいです。

しかし、そのような事が実際に可能なのです。

不動産投資をしますと、安定して収入がありますので、
それほど手取りの年収が変わらないです。

このため、収入の予測がつきやすいです。

ですから、サラリーマンをリタイアしても
何も心配をする事が無く、悠々自適に生活できるのです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » サラリーマンをリタイアするノウハウ » 自分が働く事を辞めたら、どのぐらいの期間持つか、考える