不動産投資の市場には、3つの大きなトレンドがある | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



不動産投資の市場には、3つの大きなトレンドがある

不動産投資市場には、3つの大きなトレンドがあるのです。


不動産投資市場には、株式市場と同じように、
3つの大きなトレンドがあります。

1つは上昇。

もう1つは下降。

最後に横ばい。

このトレンドを理解していないと、
不動産投資に失敗をする事もあります。

投資をするうえで、一番良いトレンドは下降をしきっている時です。

そのような時は、収益物件が売り物件ばかりで、
高利回りの物件が多く、良い売り物件が多くあります。

このような時は、非常に良い条件で不動産投資物件を購入できます。

ただ、金融機関の融資の審査が結構厳しい時期です。

一般的に不動産投資市場が下降トレンドの時は、
不景気であることが圧倒的に多いため、
金融機関も融資に慎重となります。

このため、このような時は現金で収益物件を購入できる人が
一番強いです。

横ばいのトレンドでは、可でもなく不可でもなく、
収益物件の価格も上昇する事もなく、
普通の状態です。

良い収益物件もそれなりに売りに出ており、
金融機関の融資も良い物件であれば、積極的です。

ある意味チャンスともいえるトレンドです。

上昇トレンドの時は、簡単に言えば不動産市場がミニバブルの時です。

このような状況では、利回りが低くて、少しでも良い収益物件は
すぐに売れてしまいます。

金融機関も融資に積極的で、フルローンで物件を購入する事は
難しくありません。

ただ、この時期に収益物件を購入すると、
採算が取れない収益物件が多いので、下手をすれば破綻をする
不動産投資家も存在をします。

3つのトレンドを読み切って、不動産投資をする事が不可欠です。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » サラリーマンをリタイアするノウハウ » 不動産投資の市場には、3つの大きなトレンドがある