良い収益物件というのは、交渉によって作り出す | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



良い収益物件というのは、交渉によって作り出す

良い収益物件というのは、交渉によって作り出す事です。


不動産投資を始める時には、収益物件を購入をします。

そのためには、まず、良い収益物件を探す必要があります。

では、良い収益物件というのは、不動産広告に「良い収益物件売り出し中!!」と
掲載されているでしょうか?

そのような事は、99%ありません。

本当の意味での良い収益物件というのは、交渉によって作り出すのです。

ですから、多くの売り出し中の不動産投資物件というのは、
良い収益物件になる可能性があります。

ただ、価格の交渉がまとまるかどうかがポイントです。

良い収益物件を購入するには、まず、自分が購入をしたいと考えた物件に
買い付けを入れる必要があります。

そして、買い付けを入れる時に購入をしたい
金額を売主に伝えるのです。

この時の買い付けをする金額が重要です。

自分が収支を取れる金額を買い付け金額として、
売主に伝えるのです。

そうする事で売主がその金額で収益物件を売却をしていい
という答えが返ってきたら、その物件を購入すればいいのです。

もし、買い付け金額以上の金額でなければ、その物件を売らないといわれれば、
その物件を購入する事を諦めたらいいだけです。

このような事を機械的に繰り返すことで、いずれ自分が購入をしたい金額で
収益物件を必ず購入できるようになります。

これが、交渉によって良い収益物件を購入する方法です。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » サラリーマンをリタイアするノウハウ » 良い収益物件というのは、交渉によって作り出す