購入をした収益物件の支出をコントロールできないと売却価格が安い | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



購入をした収益物件の支出をコントロールできないと売却価格が安い

入をした収益物件の支出コントロールできないと売却価格が安いです。


激安の古い物件は、毎年の維持費がかなりかかることが多いです。

築30年ぐらいの物件ですと、木造や鉄骨造の収益物件の場合は、
それほど維持費は掛からないものです。

しかし、RC・SRCで築30年となりますと、
維持費がものすごく掛かります。

特に、一回も大規模修繕をしていない物件ですと、
雨漏りがしたりして、すぐに修繕をする必要があります。

そうなりますと、数千万円以上の出費が必要です。

このため、RC・SRCで築30年や40年の収益物件は、
どれだけ安く購入ができても、高く売却をする事は難しいです。

なぜなら、維持費が非常にかかることを多くの不動産投資家の人達が
知っているからです。

このような事を現実として理解しておくことが必要です。

木造や鉄骨造の収益物件ですと、大規模修繕をしても数百万円程度
の金額で済むから、購入する人が多いです。

また、建物の問題が発生をしても、簡単に修理をする事ができますので、
維持費をコントロールしやすいです。

これがRC・SRCの場合は、築年数が古い物件は
維持費のコントロールが難しいです。

この違いを知っているだけで、
不動産投資に成功をする確率が高くなります。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » サラリーマンをリタイアするノウハウ » 購入をした収益物件の支出をコントロールできないと売却価格が安い