良い収益物件を購入するには、賃貸需要も分析する | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



良い収益物件を購入するには、賃貸需要も分析する

良い収益物件を購入するには、賃貸需要分析する事です。


不動産投資をするために、収益物件を購入しようと考えている時は、
収益物件の不動産市場だけを考えがちです。

しかし、それでは不動産投資物件を購入をした後の運用が
上手くいくかどうかは分かりません。

収益物件というのは、購入をして終わりではなく、
購入をした後に本格的な不動産賃貸業という
事業をスタートさせるのです。

そのためには、収益物件を購入する前に、
売りに出ている収益物件の賃貸需要を分析する必要があります。

賃貸需要を分析する方法は簡単です。

まず、売りに出ている収益物件の市町村にある
大手不動産賃貸仲介会社の支店に電話をして
その収益物件に賃貸需要があるか、確認をすればいいのです。

たったこれだけの事で、かなりの確率で
賃貸需要を調べることができます。

一般的に賃貸需要がある地域には、アパマンショップ・ミニミニ・エイブルなどの
大手不動産賃貸仲介会社が出店をしています。

この3つの不動産会社の支店に電話をして、営業の担当と店長に
その地域の賃貸需要を聞けばいいのです。

このような事をするだけで、まったく違うのです。

1つの先入観として、人口の多い市町村が賃貸需要があると考えがちですが
そのような事はありません。

例えば、福岡市や札幌市などの人口100万人以上の都市であっても
収益物件が供給過剰であるため、家賃の相場が崩れて、
アパート経営が苦しい地域もあります。

そうかと思えば、人口が10万人程度であっても、
賃貸需要が多いため、家賃が高くて入居率が高い地域が
全国各地であります。

このような事実を知るには、実際に収益物件の入居者募集をしている
不動産賃貸仲介会社に直接賃貸需要を聞くのが一番です。 

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » サラリーマンをリタイアするノウハウ » 良い収益物件を購入するには、賃貸需要も分析する