不動産投資をする時は、出口戦略を考える | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



不動産投資をする時は、出口戦略を考える

不動産投資をする時は、出口戦略を考えることです。


収益物件を購入をしますと、その物件を20年や30年も所有をする事は稀です。

逆にそれだけの年月、所有をしないほうが良いです。

そのため、不動産投資物件を購入する時には、最終的にどのように物件を処分するか、
良く考えて投資をする事が必要です。

そうする事で、最終的な投資金の回収ができます。

このような事を考えずに、ただ利回りが高い収益物件を購入をすると、
あとあと大変な事になります。

その収益物件を売ることができずに、一生所有し続けることになります。

そうなりますと、部屋を借りる人の募集家賃が非常に安くなりますし、
物件の修繕費も高くなります。

そのような事になる前に、自分が収益物件を購入したら、
ある程度の年月を所有をして、その後にどのようにするか、
しっかりした出口戦略を考える必要があります。

具体的な出口戦略として、

1.途中で収益物件を売却する。

2.建物を壊して、更地にして売却する。

この2つです。

どちらかの出口戦略で不動産を売却をする事ができ
現金に換金ができます。

この結果、不動産という実物の資産を現金に換えることができるのです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » サラリーマンをリタイアするノウハウ » 不動産投資をする時は、出口戦略を考える