投資が過熱をしている時は、資産を買わない | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



投資が過熱をしている時は、資産を買わない

投資過熱をしている時は、資産を買わない事です。


早くリタイア生活をするには、投資対象を安く購入する事です。

そのためには、市場が過熱をしてない時に投資をする事です。

株式市場や不動産市場が過熱をしている時は、
投資をしないで静観をするべきです。

投資が過熱をする事は「バブル」と言いますが、バブルは必ずはじけます。

バブルの期間は長くて5年です。

バブルの期間が長いほど、はじけた時の衝撃は強いです。

その結果、市場が急激に冷え込みます。

市場が急激に冷え込んだ時に、投資をするのがお金持ちのする事です。

バブルが崩壊をした後は、株や不動産を市場価格の相場より安く購入できます。

このような時が投資をするチャンスです。

逆に、市場が過熱をしている時は、自分の所有をしている株や
不動産を売却するべきです。

そうする事で高く売ることができます。

このような考えで投資をしますと、損をしません。

誰でも投資をするような環境の状態では、資産は暴騰をしています。

そのような時に資産を購入をすると、損をする可能性が高いです。

投資をするチャンスは必ず訪れます。

そのタイミングをしっかりと理解する事で自分が得をする事ができます。

そして、リタイア生活が早くできるのです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » サラリーマンをリタイアするノウハウ » 投資が過熱をしている時は、資産を買わない