サラリーマンとして働く事に安全な事は無いと、リタイアをした人は考えている | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



サラリーマンとして働く事に安全な事は無いと、リタイアをした人は考えている

サラリーマンとして働く事に安全な事は無いと、リタイアをした人は考えているのです。


現在の日本の学校の教育は、労働者として働くことを前提に教育を行っています。

そのため、自分で起業をする意識を持って働くことを教育されていません。

ですから、労働者としては優秀であっても、起業家としては無能である人が多いです。

このため、サラリーマンが企業をして失敗をする人が非常に多いです。

これは、起業をする人に労働者としての感覚が身に付いているからです。

労働者というのは、自分が勤めている会社に自分の生活を預けることです。

その会社から労働を対価として給料をもらい、生活をしているのです。

このような意識を持っている限りでは、一生、労働者から抜け出すことができません。

リタイアをするには、自分の収入は自分で稼ぐのです。

そのために、不動産投資をする事が一番手堅いですし、自由になれます。

不動産投資で成功をするには、労働者の感覚を忘れて、経営者の感覚を持つことが必要です。

このような事を理解していなければ、不動産投資に失敗をする可能性があります。

不動産投資に失敗をすれば、大きな損害となります。

そのため、失敗をしないように、事業として不動産投資をする必要があります。

そうする事でサラリーマンを卒業できるだけの収入を稼ぐ事ができ
リタイアができるようになるのです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » サラリーマンをリタイアするノウハウ » サラリーマンとして働く事に安全な事は無いと、リタイアをした人は考えている