不動産投資を続けるうえで先に実績を作ることが重要 | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



不動産投資を続けるうえで先に実績を作ることが重要

不動産投資を続けるうえで先に実績作ることが重要です。


不動産投資を始めて、いずれサラリーマンを卒業をしたいと考えているのであれば、
まずは、不動産賃貸業の実績を作ることが重要です。

一般的に、不動産投資を始める時は金融機関から融資を受ける事がほとんどです。

しかし、融資を受けずにワンルームマンションや中古一戸建てを購入をして
賃貸に出して、不動産賃貸業を始めますと、実質的な大家となります。

そうしますと、2部屋ぐらいのワンルームマンションや2戸ぐらいの
中古一戸建てを所有して、不動産賃貸業をしていますと、
その後に、一棟物の収益物件を購入する時に、
金融機関から融資を受ける時に、評価のされ方が違います。

金融機関は、すでに実績がある不動産賃貸業を行っている人であると
認識をして融資の審査をしてくれるようになります。

これに比べて、初めて不動産投資をする人に金融機関が融資をする時は、
審査が非常に慎重になります。

その理由は、まったくのど素人が不動産賃貸業をして、
本当にローンの支払いをできるのか、確証が無いからです。

しかし、2部屋ぐらいの不動産賃貸業を行っている人は、
それまでのノウハウがあるので、金融機関もそのノウハウを
実績と考えて、融資を認めてくれる可能性が高いです。

このような事から、不動産投資を始めてサラリーマンを卒業をするのであれば
まずは、小さな物件を購入をして実績を作るべきです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » 不動産投資のQ&A » 不動産投資を続けるうえで先に実績を作ることが重要