不動産投資の失敗として空室だらけにならない対策 | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



不動産投資の失敗として空室だらけにならない対策

不動産投資失敗として空室だらけにならない対策があります。


不動産投資をしていますと、いろいろなリスクがあります。

これは投資であれば、必ずリスクがつきものであるためです。

その中で空室だらけに自分の所有するアパートやマンションがなる事を
心配をする人がいます。

では、本当にそのような事はあるのでしょうか?

結論から言えば、そのような事はあり得ますし、
実際に多くの空室を抱えている大家もたくさんいます。

しかし、そのような人には共通をしている点があります。

それは、「地主の大家」であることがほとんどです。

不動産賃貸業を事業として考えずに行っている人が非常に多いです。

そのため、自分が所有をする収益物件が空室だらけになっても、
それほど深刻に考えていない人が非常に多いです。

ですから、サラリーマン大家で不動産投資をしている人は、
それほど空室に悩んでいる人は多くありません。

なぜなら、不動産投資について非常に勉強をしているからです。

例えば、現在、一戸建てでウオシュレットがあるのは普通です。

ほとんどの一戸建てに住んでいる家庭には、ウオシュレットがあります。

それでは、自分が所有をしているアパートやマンションに
ウオシュレットが付いてなければ、空室になる可能性が高いです。

その理由は、現在の25歳以下の世代は、ウオシュレットがあることが
トイレの常識であるという価値観を持っているからです。

もし、賃貸住宅に住むときにウオシュレットがある物件と無い物件では
どちらの物件を借りるかは、実に明確な答えが出ます。

ほとんどの人がウオシュレットのある賃貸住宅を借ります。

しかし、地主の大家は自分でお金を払って自分が所有をするアパートで
ウオシュレットを取り付けようとしないのです。

このような傾向は非常に強いです。

ですから、空室が多く発生をしている物件の所有者は「地主の大家」が多いのです。

このような事を勉強をしている人は、
常に満室を維持できる不動産賃貸業をできるのです。

そして、そのような人はサラリーマン大家が圧倒的に多いです。

このため、空室だらけにならないように、不動産投資について勉強をすれば
空室だらけになることは防ぐ事ができるのです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » 不動産投資のQ&A » 不動産投資の失敗として空室だらけにならない対策