満室のアパートを購入すると不動産投資としてリスクが低いか? | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



満室のアパートを購入すると不動産投資としてリスクが低いか?

満室のアパートを購入すると不動産投資としてリスクが低いか、その内容によります。


インターネットで収益物件を探していますと、
結構な割合で満室のアパートなどを探すことができます。

しかし、このような物件が3ヶ月、半年と売れ残っていることが良くあります。

このような満室の収益物件を購入をする事は、リスクが低いといえるのでしょうか?

まず、満室というのは、作られた満室と自然な満室があります。

作られた満室というのは、収益物件を売却をする前に空室を埋めるために
家賃を無料にして無理やり入居者を埋めて、それで売りに出すのです。

そのような収益物件を購入をしますと、すぐに入居をしている人が
退去をします。

それも1人や2人だけでなく、部屋の半数以上が退去をしたりします。

このような事をして、満室を演出して、高く収益物件を売却をする
不動産会社が存在をします。

これとは別に自然と満室となっていながら、中々売却ができないアパートは
ほとんどが1円も値引きをしない売主であることが多いです。

そのため、市場価格以上の価格で売りに出しているため
購入をする人がいないのです。

このため、中々売却をできないのですが、
売主は満室でアパート経営ができているため、
別に困っていないのです。

一般的に満室のアパートを購入する事は、確かにリスクが低いことが多いですが
場合によっては、嵌められることがあるので要注意です。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » 不動産投資のQ&A » 満室のアパートを購入すると不動産投資としてリスクが低いか?