不動産投資をする場合は、物件をそのまま所有する事は可能か? | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



不動産投資をする場合は、物件をそのまま所有する事は可能か?

不動産投資をする場合は、物件そのまま所有する事は可能か、ご回答します。


不動産投資をする場合は、収益物件を購入をします。

築15年の収益物件を購入をして、そのまま、建物が朽ち果てるまで
所有をする事は理論的に可能ですが、実務的には損をする可能性が高いです。

このため、一般的には収益物件を購入をして、5年以上経ってから
売却をする人がほとんどです。

そうする事で、利益が確定をできますし、維持費もかからなくなります。

また、減価償却費が無くなる前に売却をすれば、
税金の支払いが多額になることも防ぐ事ができます。

多くの人が収益物件を売却をする理由は、

・減価償却期間が決まっている。

・元利返済によって、金利の返済額が減り、税金の支払いがローンの支払額を上回る。

このような事を回避するためです。

減価償却期間が無くなりますと、建物の経費が無くなるため
家賃収入に多くの税金がかかります。

そうなる前に、所有をしている収益物件を売却をして
新しい収益物件を購入をすれば、
また減価償却期間を長くすることができます。

また、不動産投資ローンを利用していますと、
デッドクロスといわれるローンの支払金額以上に
税金の支払金額が上回ることがあります。

これを回避するには、長く所有をしている収益物件を売却をして
新しい収益物件を購入する事が一番です。

このような事から、物件をそのまま所有する事はデメリットが大きいです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » 不動産投資のQ&A » 不動産投資をする場合は、物件をそのまま所有する事は可能か?