RC・SRCの収益物件を購入をして不動産投資をする考え方 | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



RC・SRCの収益物件を購入をして不動産投資をする考え方

RC・SRCの収益物件を購入をして不動産投資をする考え方があります。


RC・SRCの収益物件を購入をする時は、不動産投資ローンを長い期間借りることができます。

そのため、キャッシュフローが出やすいです。

ただ、RC・SRCの不動産投資物件は、修繕費が非常に高額になります。

一般的に修繕費は10~15年に一度はする必要があります。

そして、その費用は数千万円は必要です。

このため、RC・SRCを購入をする時は、この修繕費の問題を理解しておくことが必要です。

対策としては2つあります。

1つは、修繕をする前に売却をする事です。

そうしますと修繕費を使う必要が無いので、キャッシュフローを貯めることができます。

ただ、修繕をしていないので高く売却をする事ができません。

この点を理解しておくことが必要です。

もう1つは、キャッシュフローはまったく使わずに、修繕をした後に
すぐに収益物件を売却をする事です。

こうしますと、売却価格を高くすることができるので、
利益が出やすいです。

この2つのどちらかの方法で、RC・SRCの不動産投資物件を購入した時は、
運用をする必要があります。

また、RC・SRCは税金が高いです。

固定資産税などは家賃の一ヶ月分は掛かりますし、
減価償却費も大きく取れません。

このような事を理解して、RC・SRCの収益物件を購入をして
不動産投資をするべきです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » 不動産投資のQ&A » RC・SRCの収益物件を購入をして不動産投資をする考え方