不動産投資をするために金融機関を選ぶ基準 | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



不動産投資をするために金融機関を選ぶ基準

不動産投資をするために金融機関を選ぶ基準があります。


不動産投資をする時は、ほとんどの人は金融機関から融資を受けます。

しかし、金融機関が不動産投資に融資をする時は、各金融機関によって対応が違います。

そのため、不動産投資物件を購入をする時に融資を受ける時は、
たくさんの金融機関に顔を出すべきです。

そうしますと不動産投資に積極的な金融機関が見つかったり、
そうでない金融機関が見つかったりします。

不動産投資に積極的な金融機関は、不動産投資を検討をしている人に対して
非常に対応が良いです。

逆にそうでない金融機関は、不動産投資を検討している人に対して
対応が非常に悪いです。

ただ、そのような事にいちいち腹を立てていては、時間のムダです。

人生勉強と思ってあきらめることが大事です。

不動産投資に積極的な金融機関は、各地方によって全く違います。

現在、不動産投資の融資に積極的な金融機関は、スルガ銀行が有名です。

スルガ銀行の場合、金利が4.5%と非常に高いですが、
古い収益物件などにも積極的に融資をしてくれます。

一般的には、不動産投資の融資を受けやすい金融機関は、

信用金庫>地方銀行>都銀

この順です。

逆に金利が低いのは、

都銀>地方銀行>信用金庫

です。

このような事を考えれば、地方銀行に狙いを絞って
不動産投資の融資を受けれるように、まずは、訪問をしてみるべきです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » 不動産投資のQ&A » 不動産投資をするために金融機関を選ぶ基準