景気が悪い時に不動産投資をするべき | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



景気が悪い時に不動産投資をするべき

景気悪い時に不動産投資をするべきです。


不動産投資が流行る時は、景気が良い時が多いです。

逆に、景気が悪い時ほど、投資に関してはネガティブになることが多いです。

しかし、実態は違います。

不動産投資は、景気が悪い時の方が非常にやりやすいです。

その理由は簡単です。

まず、利回りが良くなります。

なぜなら、景気が悪いと不動産を購入をする人が少なくなって
簡単に不動産投資物件を売ることができなくなるからです。

そのため、自然と安い価格で収益物件を売却をしようとします。

その結果、利回りが高くなるのです。

このため、良い物件を高い利回りで購入をする事が
不景気の時には可能になります。

逆に、景気が良い時は不動産投資をする人が増えるので、
利回りが低くなる傾向があります。

このような事を知っておくだけで、高い利回りの収益物件を
購入できる可能性が広がります。

一般的に成功をしている不動産投資家は、
景気が悪い時に収益物件を購入をして、
景気が良い時に収益物件を売却をするものです。

このような事を繰り返すことで、不動産投資物件を売却をした時の
利益も大きくしています。

以上の事から、景気が悪い時に不動産投資を始める時です。

いわゆる逆張りの投資方法です。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » 不動産投資のQ&A » 景気が悪い時に不動産投資をするべき