不動産投資をする時の融資を受ける条件として勤続年数は重要 | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



不動産投資をする時の融資を受ける条件として勤続年数は重要

不動産投資をする時の融資を受ける条件として勤続年数は重要です。


不動産投資物件を購入する時は、一般的に金融機関から融資を受けます。

特に一棟物のアパートやマンションを購入をする事は、
ほとんどの人が融資を受けます。

金融機関から融資を受ける時は、属性という評価があります。

属性という評価は、

・「年収」

・「勤務先の会社の評価」

・「勤続年数」

です。

この中で一番重要な属性の評価は「勤続年数」です。

金融機関から融資を受ける時は、勤続年数は3年以上無いと
マイナスの評価を受ける事があります。

ただ、これも100%ではなく、あくまでも可能性としてです。

金融機関というのは、1つの勤め先に長く働いている人を
高評価する事は間違いないです。

このような事は知っていても、損はないです。

ですから、大学を卒業をして2年ぐらいで
不動産投資を始めるには、最初から金融機関の融資を受けて
行なうことは、簡単ではないです。

ただ、大学生の時から中古ワンルームマンションを現金で2部屋購入をして
その後に、サラリーマンとして働かずに金融機関から融資を受けて
20棟ぐらいアパートやマンションを購入をしている人も存在をします。

しかし、一般的には不動産投資ローンを利用する時は、
勤続年数3年以上が望ましいことは確かです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » 不動産投資のQ&A » 不動産投資をする時の融資を受ける条件として勤続年数は重要