不動産投資を始める時は会社を作る必要が無いです | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



不動産投資を始める時は会社を作る必要が無いです

不動産投資始める時は会社を作る必要が無いです。


中古マンションを数戸購入をして、不動産投資を始めたり、
アパートやマンションを数棟購入をして、不動産投資を始める時であっても
会社を作る必要が無いです。

逆に会社を作って、法人化をすると税金が高くなる可能性が高いです。

一般的には、課税所得が1800万円を超えない限り、
会社を作って不動産投資をするメリットが少ないです。

そのため、不動産投資を始める時は個人で始めればいいです。

逆に、会社を作って一棟物のアパートやマンションを購入をする場合は、
まず、金融機関が融資をしてくれません。

その理由というのは、実績が無い会社は信用力が0であるため、
金融機関が融資をする事はほとんどありません。

もし、可能性があるとすれば、資本金が1億円あるとか、
そのぐらいの自己資金を持っている場合です。

しかし、それだけの自己資金を持っていれば、
金融機関から融資を受けなくても、現金で不動産投資を始めることが可能です。

一般的に不動産投資を始めて会社を作る時は、
完全に税金対策をする規模になった時です。

20部屋や30部屋の所有物件であれば、法人化をする必要が無いです。

現実に、私は2棟26部屋のアパートを所有して、
家賃収入が一年間で1200万円ぐらいありますが、
個人名義でしており、法人化をしていません。

会社を作って法人化をしない理由は、個人事業主の方が税金が安いからです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » 不動産投資のQ&A » 不動産投資を始める時は会社を作る必要が無いです