築20年以上の収益物件に入居をする人は、たくさん存在します | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



築20年以上の収益物件に入居をする人は、たくさん存在します

築20年以上収益物件入居をする人は、たくさん存在します。


不動産投資物件を探していますと、古い物件がたくさん見つかります。

築20年以上の収益物件が売りに出ていますが、そのような古い物件に入居者がいるのか、
心配になる人が意外と多いです。

しかし、築年数で入居者がいなくなるようなことはありません。

実際に私は三重県鈴鹿市に築25年のワンルームのアパートを所有をしていますが、
現在、14部屋すべて満室です。

先日、退去が一部屋あって、空室をリフォーム中に次の入居者が決まりました。

そのため、実際の空室期間は0日です。

このような収益物件というのは、日本全国に存在をするのです。

一般的に賃貸住宅というのは、

新築>築10年以内>築10年以上

このような形で、入居率が変わります。

しかし、世の中の多くの人が新築賃貸住宅に住みたいと思っていません。

なぜなら、新築の賃貸住宅は家賃が高いからです。

現在の日本の社会情勢を見ていますと、賃貸住宅を探している基準は、

1.家賃が安い。

2.部屋が広い。

3.初期費用が安い。

4.設備が新しい。

この順番になっています。

賃貸住宅に住みたい人は、まず、家賃が安い物件を探します。

そのため、意外なほど新築住宅を選ぶ人が少ないのです。

このため、築20年以上の賃貸住宅に住む人は、想像以上に多いのです。

その理由は、家賃が安いからです。

以上の事から、不動産投資物件を購入をする時は、
築20年以上の収益物件であっても、入居者がたくさんいるのです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » 不動産投資のQ&A » 築20年以上の収益物件に入居をする人は、たくさん存在します