地場の不動産屋は不動産投資をしていることが多いです | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



地場の不動産屋は不動産投資をしていることが多いです

地場不動産屋不動産投資をしていることが多いです。


不動産屋には、いろいろなタイプがあります。

・分譲住宅を主に販売をしている不動産屋

・町の不動産屋

・収益物件を専門に取り扱っている不動産屋

・銀行などの子会社の不動産屋

・大手不動産屋

この中で町の不動産屋は、不動産投資をしていることが多いです。

正確には、不動産投資ではなく不動産賃貸業です。

町の不動産屋は、自社で所有をしている不動産を
賃貸に出して自分たちで管理をしていることが多いです。

それ以外の不動産屋では、あまり不動産投資をしていることが無いです。

収益物件を専門に取り扱っている不動産屋は、95%以上
不動産投資を社員が行っていません。

ほとんどが普通の会社員であるからです。

なぜ、不動産投資をしないかと言いますと、
仲介業務には長けていても、不動産賃貸業の経験が全くないからです。

そのため、不動産投資ローンを活用して、自分で収益物件を購入する
意欲はまったくありません。

同じような事は大手不動産屋にも言えます。

不思議な事に、不動産賃貸業に携わっている不動産屋は、
地場の不動産屋以外は、不動産投資をしていないのが現実です。

地場の不動産屋は、自分が大家として不動産賃貸業を行っているので
管理業務などにも精通をしています。

このような事を知っておいて損はしないです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » 不動産投資のQ&A » 地場の不動産屋は不動産投資をしていることが多いです