不動産投資にベストの地域とそうでない地域があります | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



不動産投資にベストの地域とそうでない地域があります

不動産投資ベスト地域とそうでない地域があります。


不動産投資をする時は、収益物件を購入する地域を
しっかりと調査をする事が重要です。

そうする事で、不動産投資をするうえでベストな地域と
そうでない地域があります。

例えば、首都圏で不動産投資をする時は、
利回りは非常に低いです。

だいたい、10%以下の利回りとなります。
(一部地域を除く)

このため、首都圏でも東京都23区内であるか、
関東近県となるかで、まったく事情が違います。

東京都23区内の場合は、利回りは1棟物のアパートやマンションであっても
区分所有のマンションであっても、8%前後もあればよいところです。

そのため、不動産投資ローンを利用をして、収益物件を購入をしようとすれば
家賃収入はローンの支払いと税金でお金がかなり無くなります。

しかし、収益物件を購入して、5年後、10年後に売却をしても
ほとんど購入した価格と同じ価格で売れる可能性が高いです。

関東近県は、利回りは15%ぐらいある場所もありますが
空室が多い地域が多いです。

これ以外にも、名古屋市や大阪市では家賃が安くて
土地代が高いので、利回りが低くなります。

このため、このような地域が不動産投資にベストとは言えないです。

では、どのような地域がベストであるか?

それは賃貸住宅の供給より賃貸住宅の需要が多い地域です。

このような地域は、全国にあり、人口が10万人程度の地域であっても
たくさんあります。

名古屋市や大阪市では、築20年で1Rの家賃が3万円前後としますと、
人口10万人の地方の市が、築20年で1Rの家賃が
4万8000円であったりします。

このような地域で不動産投資をする事が、一番ベストです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » 不動産投資のQ&A » 不動産投資にベストの地域とそうでない地域があります