不動産投資をするうえで銀行から融資が厳しいと言われた時の対策 | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



不動産投資をするうえで銀行から融資が厳しいと言われた時の対策

不動産投資をするうえで銀行から融資が厳しいと言われた時の対策があります。


不動産投資を始めたくて、自分が気に入った収益物件を購入をしたいと思い
いざ、銀行に融資をお願いをしに行ったが、

「融資が厳しい」

と言われることは、たまにあることです。

しかし、この「融資が厳しい」という意味は、
「当銀行では、融資が厳しい」という意味です。

他の銀行や金融機関では融資が可能である可能性は十分あります。

そのため、1つの銀行に融資が断られても、
それで不動産投資物件の購入を諦めないことです。

世の中には、たくさんの金融機関がありますので、
他の金融機関に融資をお願いをしてみることです。

まず、考え方として、不動産投資ローンの審査が厳しい金融機関は、

都銀>地方銀行>信用金庫>ノンバンク

このような順になっています。

そして、融資を受ける時に金利が高い順番も

都銀>地方銀行>信用金庫>ノンバンク

となっています。

金利が高い金融機関は、それだけリスクを取るという姿勢を見せています。

そのため、銀行で融資をお願いをしてNGであった人が、
信用金庫に融資をお願いをしたら、OKであったことはよくあります。

また、地方銀行でもスルガ銀行は、通常では融資をしない
収益物件に融資をしたりします。

しかし、金利が4.5%と高いのが特徴です。

このような金融機関の不動産投資ローンに対する姿勢を
知ることで、融資を受けやすくなります。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » 不動産投資のQ&A » 不動産投資をするうえで銀行から融資が厳しいと言われた時の対策