不動産投資物件で築20年以上の古い建物を購入するメリット | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



不動産投資物件で築20年以上の古い建物を購入するメリット

不動産投資物件築20年以上の古い建物を購入するメリットはあります。


不動産投資物件を探していますと、いろいろな物件を見つけることができます。

その中で築年数が古い物件を見かけることがあります。

このような不動産投資物件を購入をして、メリットがあるのでしょうか?

これは、木造や軽量鉄骨造の収益物件であれば、十分メリットがあります。

どのようなメリットがあるかといえば、
耐用年数以上の築年数の不動産投資物件は、
最短4年で減価償却をできるからです。

例えば、木造築23年のアパートが
3000万円で販売されていたとします。

このアパートを購入をしますと、
減価償却が最短4年で可能です。

このアパートを購入をする時に、アパートの建物価格を
2000万円、土地の価格を1000万円と設定をします。

そうしますと、減価償却は不動産投資物件の場合は
建物の価格ができますので、2000万円を4年以上で
償却をする事ができます。

2000万円を5年で減価償却をしますと、
一年間の減価償却費が400万円です。

そうなりますと、この木造アパートが利回り15%であれば
450万円の収入が年間あります。

この450万円から400万円を建物の減価償却費として
経費として引けるのです。

そのため、実質所得税と住民税が掛かる金額は
450万円-400万円=50万円

50万円に所得税と住民税が掛かることになります。

ただ、現実には、維持費や固定資産税を支払いますので、
赤字となることが多いです。

しかし、減価償却費400万円分は現金が残るので
貯金ができるのです。

このような状態が5年間続くのです。

そのため、築年数が古い不動産投資物件は、
木造や軽量鉄骨造の場合は十分メリットがあります。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » 不動産投資のQ&A » 不動産投資物件で築20年以上の古い建物を購入するメリット