紙の資産の投資に比べて、不動産投資のメリット | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



紙の資産の投資に比べて、不動産投資のメリット

紙の資産の投資に比べて、不動産投資メリットをご紹介します。


紙の資産の投資といえば、株式投資、FXなどがそうです。

不動産投資と比較をしますと、紙の資産の投資は瞬間的に大きく儲けることができます。

しかし、逆に投資をしたお金が0円になるのがデメリットでもあります。

これに比べて不動産投資で投資をした資金が
0円になることは基本的にありません。

しっかりしたリスク回避をしていれば、投資をした不動産が0円になる事は無いです。

なぜなら、不動産は実物の資産であるからです。

そして、換金ができる資産であるからです。

ただ、紙の資産と違いすぐに換金をできる事は無いです。

最低でも数週間以上は掛かります。

不動産投資というのは、実物の資産である不動産を購入して
その不動産から発生する賃料を収入として受け取ります。

この家賃収入がそれほど大きな変動がない事が特徴です。

よっぽどのことが無い限り、
家賃が半分になるような事は無いのです。

5年で家賃の下落が10%ぐらいは、可能性としてはあり得ますが、
それでもその程度の家賃の下落は十分計算できるのです。

このため、不動産投資は数年単位で計算をして収支を出すことができる
予測ができやすい投資です。

このような事が不動産投資のメリットです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » 不動産投資のQ&A » 紙の資産の投資に比べて、不動産投資のメリット