新築アパートを購入して不動産投資をするメリットは? | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



新築アパートを購入して不動産投資をするメリットは?

新築アパート購入して不動産投資をするメリットは、ほとんどありません。


サラリーマンが土地を仕入れて、新築アパートを建てることは非常にリスクがあります。

また、土地付きの新築アパートを購入をする事にも非常にリスクがあります。

その理由は、利回りが非常に低いからです。

ただ、現金で新築アパートを購入をする人は別です。

数千万円以上もする新築アパートを購入できるだけの資金があれば、
10年ぐらい所有をして売却をすれば、それなりに利益も出ます。

しかし、不動産投資ローンを利用をして新築アパートを購入をする事は
大損をする可能性が高いです。

例えば、6000万円の木造の新築アパートを購入をするとします。

利回りは8%前後です。

1年間の収入が480万円前後です。

新築の賃貸住宅は、必ず新築プレミアという
家賃が相場より高くなる傾向があります。

このため、家賃は数年経ちますとかなり下がります。

だいたい5年経過をしますと、15%ぐらいは下がります。

そうなりますと、新築アパートを購入をして5年経ったら
年収は約408万円になります。

さらに5年経ちますと、家賃が15%下がります。

そうなりますと、10年経った新築アパートの家賃は、
年収で約346.8万円となります。

だいたい、10年間の平均の年収が413.4万円です。

10年間の収入が4134万円です。

それで、この築10年の木造アパートを
どのぐらいの金額で売却をできるかといいますと
4000万円前後です。

10年間の収入4134万円+アパートの売却金額4000万円
=8134万円

税金と維持費をを考えずに、10年間の手取りの金額は8134万円です。

新築のアパートは6000万円で購入をしましたので、
8134万円÷6000万円=10年間で35%の利回りです。

1年間で3.5%の利回りです。

これでは、税金を支払って、維持費を支払って、
固定資産税を支払えば、完全な赤字です。

このように論理的に考えれば、新築アパートを購入をするメリットは、
サラリーマンにはありません。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » 不動産投資のQ&A » 新築アパートを購入して不動産投資をするメリットは?