不動産投資のリスクとしてリフォーム費用が高いことを対策する方法 | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



不動産投資のリスクとしてリフォーム費用が高いことを対策する方法

不動産投資リスクとしてリフォーム費用が高いことを対策する方法があります。


収益物件を購入をして不動産投資をしていると、
いろいろな入居者がいることが分かります。

長く自分の所有物件に入居をすればいいのですが、
短期で退去をする入居者もいます。

そのような時はリフォーム代だけが掛かってしまい、
採算が取れないこともあります。

そのような事を防ぐには、まずは、特約を設けることです。

例えば、入居者が入居時に契約書に
「1年以内に退去をする時は、リフォーム代を5万円支払う。」
このように特約に入れておけばいいです。

そうすれば、1年以内の退去の場合は、
入居者にリフォーム代を5万円請求ができます。

また、敷金も短期入居者の場合は敷引きにすると良いです。

例えば、敷金を1ヶ月分とって、
「1年以内に退去の場合は100%敷金は償却をする」
このように契約書に特約を設けます。

そうする事で、家賃1ヶ月分は短期間の入居者の場合は
リフォーム代の負担を入居者にさせることができます。

不動産賃貸業というのは、慈善事業ではありません。

採算が取れずに赤字になりますと、
自分の給料からの持ち出しとなります。

このような事を防ぐために、短期間の入居者に遭遇をしたときの負担を防ぐために
キッチリと特約で自分の負担を少なくすることが重要です。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » 不動産投資のQ&A » 不動産投資のリスクとしてリフォーム費用が高いことを対策する方法