不動産投資のリスクとして家賃滞納があるが、その対策は? | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



不動産投資のリスクとして家賃滞納があるが、その対策は?

不動産投資リスクとして家賃滞納があるが、その対策はあります。


私も不動産投資をしていて、1回、家賃滞納をされたことがあります。

1ヶ月分の家賃の滞納ですが、その滞納をされた家賃は
管理会社が負担をしてくれました。

管理会社の中には、家賃滞納を6か月分補償をしてくれる会社もあります。

このため、そのような管理会社を利用すると家賃滞納の対策ができます。

もし、自分が購入をする収益物件の近くで管理会社が家賃滞納をしなければ、
入居者が入居をする際に家賃滞納保証会社に必ず契約をさせればいいです。

不動産仲介会社が取り扱いもしていますし、自分が家賃滞納保証会社の
代理店となって加入をさせることもできます。

こうする事で家賃滞納の対策ができます。

家賃滞納保証会社が滞納保証をするのは、一般的に6ヶ月分の家賃です。

家賃滞納保証会社は、滞納をした家賃の督促から強制退去の裁判まで
すべて対応をしてくれます。

大家が支払う手数料は0円です。

そのため、これだけ便利な家賃滞納保証サービスは無いです。

現在では、家賃保証滞納会社を賃貸住宅に入居をする際は
利用をする事が一般的になっています。

このため、入居希望者も家賃滞納保証会社に加入をする事に
ためらう人がいません。

このようなサービスの存在を知っているだけで、
家賃滞納というリスクから、悩まされることが無くなります。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » 不動産投資のQ&A » 不動産投資のリスクとして家賃滞納があるが、その対策は?