不動産投資のリスクとして入居者が決まらない事はあるのか? | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



不動産投資のリスクとして入居者が決まらない事はあるのか?

不動産投資リスクとして入居者が決まらない事はあるのか、疑問に思っている人がいます。


このような事を考えるのは、非常に慎重な方です。

慎重な考えをする人は、逆に不動産投資を始めるには最適な人です。

なぜなら、不動産投資というのは、数千万円以上の不動産を購入をして
不動産賃貸業を始めることです。

そのため、一回変な収益物件を購入をすると
大きな損害を被る可能性があります。

このため、慎重すぎるぐらいに物事を深く考える人は、
不動産投資に向いています。

さて、本題ですが、不動産投資を始めて入居者が決まらない事はあり得ます。

しかし、それを解消する事は十分可能ですし、回避をすることも可能です。

まず、私の経験として、14部屋あるアパートで2部屋だけ一年以上
入居者が決まらない部屋がありました。

ただ、ある事をしますと、3ヶ月ですぐに入居者が決まりました。

では、どのような事を私がしたのか、と言いますと
それは「トイレに新品のウオシュレットをつけた」
これだけです。

たったこれだけの事で一年以上開いていた空室の部屋が
簡単に入居者が決まったのです。

入居者が決まらない時は、何か原因があります。

・家賃が高い。

・入居者の需要が少ない。

・その部屋の売りの設備が無い。

このような原因を解消をすると、入居者が決まりやすいです。

また、入居者が決まらない収益物件を購入しないように
回避をする方法があります。

その方法は非常に簡単です。

入居者の需要が無い地域の収益物件を購入をしなければいいのです。

では、どのようにして入居者の需要がある地域を調べればいいのか?

それは、自分が購入を検討をしている収益物件がある地域の不動産会社に
電話をして、その収益物件は入居者の需要があるか、聞くだけでよいのです。

意外なほど親切に不動産会社の社員は、入居者の重要に関して教えてくれます。

このようにして、入居者が決まらないリスクの対策ができるのです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » 不動産投資のQ&A » 不動産投資のリスクとして入居者が決まらない事はあるのか?