不動産投資は、現在ではサラリーマンの人が一般的に行っています | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



不動産投資は、現在ではサラリーマンの人が一般的に行っています

不動産投資は、現在ではサラリーマンの人が一般的に行っています。


不動産投資をしていると言いますと、たくさんの借金を抱えて
非常にリスクがある投資であると考えている人が多いです。

これは、日本人には借金をする事は
悪いイメージを持っている人が多いからです。

しかし、私のように実際に不動産投資をしていますと、
そのような考えは間違いであることはよく分かります。

まず、住宅ローンと不動産投資物件を購入するローンでは、
明らかに不動産投資ローンの方が安全であるからです。

なぜかと言いますと、住宅ローンは自分が住むための住宅を購入をするために
借金をする事になります。

そして、その借金の返済は自分の給料から支払うことになります。

もし、自分がリストラにあって住宅ローンの支払いが
できなくなったらどうなるでしょうか?

今の世の中、いつ、自分の勤めている会社が経営が苦しくなるか、
誰も分かりません。

最悪の場合は、自分が勤めている会社が倒産をすることもあります。

すぐに、次の働き先が見つかればいいのですが、
30代以上の人間は、中途採用されるのが難しいです。

そうなりますと、住宅ローンの支払いができないような
状況も十分にあり得ます。

その結果、住宅ローンの支払いが滞りますと、
自分が購入をしたマイホームは、住宅ローンを融資している金融機関から
差押えをくらい、競売にかけられます。

そして、競売によって落札された金額から、残債が残った場合は
その残りの借金を支払う必要があります。

結局、住宅ローンというのは、自分が働いて借金を返す必要があります。

しかし、不動産投資ローンというのは、家賃収入で借金を支払うのです。

そのため、自分で働いて借金を支払う必要が無いのです。

さらに、不動産という資産を自分の名義で持てることができます。

万が一、自分が購入をしたアパートが災害にあっても
火災保険や地震保険がリスクをカバーしてくれます。

このような事を考えれば、不動産投資ローンの借金というのは、
自分の人生を豊かにする借金です。

以上の事から、2002年ごろから多くのサラリーマンが不動産投資を始めて、
不動産投資ローンを組んでアパートやマンションを購入をしている現実があります。

そして、そのような人は本当に普通のサラリーマンです。

ですので、不動産投資ローンで借金をする事は、危険ではないのです。

悪い借金ではなく、収入を増やす良い借金なのです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » 不動産投資のQ&A » 不動産投資は、現在ではサラリーマンの人が一般的に行っています