都会と地方では現金によって不動産投資をする時は、手法が違う | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



都会と地方では現金によって不動産投資をする時は、手法が違う

都会地方では現金によって不動産投資をする時は、手法が違うのです。


現金で収益物件を購入をして不動産投資をする時には、
購入をする場所によって手法が変わってきます。

都会では、現金で収益物件を購入をする場合は、ほとんどが中古マンションです。

特に中古ワンルームマンションは安く購入する事ができますので、
参入をしやすいです。

また、購入をした物件を売却をする場合は、
それほど値下がりをする事が無く売却をする事ができるのが
都会の物件の特徴です。

それだけ、収益物件を購入をする人が多いですし、
入居率も高いために、不動産投資をする人が多いです。

これに比べて、地方で現金で収益物件を購入する場合は、
中古一戸建てから中古マンションまで幅広く物件を購入できます。

一番手堅いのは、中古一戸建てを購入をする事です。

一戸建ては、どれだけ人口が少ない地方であっても、
賃貸の需要がありますし、売却をする時も購入をする人は、
必ずいます。

このような事から、中古一戸建ては地方では安く購入をできて、
それほど購入をした金額と売却をできるのが非常にメリットです。

中古マンションもファミリー物件であれば、それなりの需要があります。

地方であっても、中古マンションを購入をする人は
多くいますので、ある程度の収益は計算できます。

このように都会と地方では、現金によってする不動産投資の手法は違うのです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » コツコツと不動産投資をする » 都会と地方では現金によって不動産投資をする時は、手法が違う