中古一戸建てで不動産投資をする時は、駐車場は2台以上にする | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



中古一戸建てで不動産投資をする時は、駐車場は2台以上にする

中古一戸建て不動産投資をする時は、駐車場は2台以上にする事です。


激安物件として、中古一戸建てを購入をして、賃貸に出す方法は非常に有効です。

家賃は安くても月に5万円以上取れますし、入居をしている期間も長いです。

このような事から、中古一戸建てを積極的に購入して
不動産投資をしている人もいます。

ただ、一戸建ての賃貸をする時には、注意をすることもあります。

それは、駐車場を2台以上停めれるようにする事です。

そうしなければ、入居を希望をする人は少なくなります。

中古一戸建てで不動産投資をする場合は、ほとんど地方都市で行うことが多いです。

どうしても都会では、中古一戸建てであっても、
非常に高い価格で取引をされているので利回りが低くなります。

しかし、地方都市では非常に安く中古一戸建てが販売をされています。

北海道などでは、100~200万円ぐらいから販売されていますし、
築年数も平成築などの物件があって新しいです。

ただ、地方都市というのは、完全な車社会です。

一世帯、車を夫婦で一台ずつ持っていることは当たり前です。

このような事から、一戸建てに住む人は家族世帯であるため、
駐車場は2台以上必要となります。

これが地方での中古一戸建てによって不動産投資をする条件です。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » コツコツと不動産投資をする » 中古一戸建てで不動産投資をする時は、駐車場は2台以上にする