中古ワンルームマンションで不動産投資をすると物件に抵当権が付かない | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



中古ワンルームマンションで不動産投資をすると物件に抵当権が付かない

中古ワンルームマンション不動産投資をすると物件に抵当権が付かないです。


一般的に現金で中古ワンルームマンションを購入をして不動産投資をする場合は、
当然、抵当権が物件に付きません。

そのため、いろいろな情勢の変化によって、物件を売却をする場合は
すぐに対応ができます。

これは、抵当権が付いていないから第三者の意向を聞く必要が無いからです。

どうしても抵当権が付いていますと、売却価格を自由に決めることが難しいです。

残債の金額によって、物件の売却価格が決まることが多いので、
割高の売り出し価格となることが多いです。

そうなりますと、中々買い主が現れずに、
売れ残りの物件となる可能性があります。

しかし、現金で物件を購入をしていますと、
物件の売却価格は自由に決めることができます。

このため、物件の売却もスムーズにいくことが多いです。

これが、現金決済で収益物件を購入するメリットです。

今の時代、5年先、10年先はどのような社会情勢になっているか、
正直誰も分かりません。

そのような状況下であっても、十分に対応できるのが、
現金で購入をした不動産投資物件です。

いつでも現金に換金をできる中古ワンルームマンションは、
非常に強いです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » コツコツと不動産投資をする » 中古ワンルームマンションで不動産投資をすると物件に抵当権が付かない