中古ワンルームマンションは、不動産投資として分散投資ができる | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



中古ワンルームマンションは、不動産投資として分散投資ができる

中古ワンルームマンションは、不動産投資として分散投資ができます。


中古ワンルームマンションを購入をする金額は、
少額であるため分散投資が非常に簡単にできます。

分散といいましても、立地だけでなく、物件や築年数、時間なども含まれます。

立地を分散をすると、入居者の需要の変化に対応ができます。

入居者の需要の変化は、都会であっても大きく変化をします。

最近では、札幌市や福岡市では収益物件が供給過剰です。

これは、ワンルームマンションにかぎらず、
一棟物の収益物件でも同じような事が言えます。

そのため、全国各地で中古ワンルームマンションを購入をして
入居者の需要の変化に対応をできるようにしていますと、
入居率も安定をします。

これと同じように、災害からのリスク低減による分散投資もできます。

東日本大震災のような地震が日本ではいつ発生しても不思議ではありません。

東海地震・東南海地震、首都直下型地震などは、
日本政府が近いうちに発生をすると警告をしています。

もし、自分が所有をしている物件が地震によって
倒壊をするようなことがあれば、大きな損害となります。

そのリスクを回避するために、地震保険の加入なども有効ですが
投資先を分散する事で立派なリスク回避となります。

このような分散投資をする事がワンルームマンションでは
十分可能です。

管理もほとんど手に掛からないからでもあります。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » コツコツと不動産投資をする » 中古ワンルームマンションは、不動産投資として分散投資ができる