中古ワンルームマンション投資は、現金決済が強み | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



中古ワンルームマンション投資は、現金決済が強み

中古ワンルームマンション投資は、現金決済が強みです。


一般的にワンルームマンションは、
新築以外はローンをして購入をする事ができません。

そのため、現金で中古ワンルームマンションを購入する事になります。

ワンルームマンションを売り出す売主は、事情があって物件を売却をします。

お金が必要になった人、利益を確定したい人、ローンの支払いが苦しくなった人
いろいろな事情があります。

もし、現金を持っている人がいたら、ワンルームマンションの購入はいつでも可能です。

そのような人は、有利に購入価格を決めることができる可能性があります。

あくまでも可能性です。

なぜなら、売主がお金に困ってなくて、利益を確定をするために
売却をするのであれば、簡単に売却価格の値下げをしてくれる可能性が
低いからです。

しかし、それでも中古のワンルームマンションを購入をする人は
現金で購入をする人が多いため、意外と買い主が現れない時があります。

そのような時は、一度現金決済ができる買い主であった人に、
物件を値下げをして、売却を打診してくる可能性があります。

このため、まずは、自分が気に入った物件があれば、
すぐに買付を入れることです。

そうする事で売主の反応が分かります。

そして、自分がその物件を購入をしたい
意思を伝えることができます。

このような事をすることで、良い物件を購入する事ができます。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » コツコツと不動産投資をする » 中古ワンルームマンション投資は、現金決済が強み