中古マンション投資は、家賃収入と売却益の合計が利益 | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



中古マンション投資は、家賃収入と売却益の合計が利益

中古マンション投資は、家賃収入売却益の合計が利益です。


不動産投資には、キャピタルゲインとインカムゲインの2つがあります。

キャピタルゲインは資産価値の上昇による利益です。

インカムゲインは資産から発生をする収入による利益です。

バブル時代までは、キャピタルゲインを狙った中古マンション投資が主流でした。

その一番の理由は、年々、不動産の価値が上がっていったからです。

そのため、借金をして中古マンションを購入をして、
借金の支払いを自分の給料から持ち出しで支払っても、
中古マンションの価値が年々上がっていきますので、
売却をしたときには、利益が出ていたのです。

しかし、ここ20年ぐらいの日本の経済状況を考えると
キャピタルアゲインを狙うことはほとんど出来ません。

そのため、中古マンション投資をするのであれば、
インカムゲインを中心として、いかに売却時の価値が下がりにくい
状態で物件を売却をして利益を出すのか、考える必要があります。

このあたりの事は、インターネットを使えば簡単に計算をできます。

築15年の中古マンションが築25年になった時に
どのぐらいの価値があるかは、
インターネットで自分が購入を検討をしている
マンションの近辺の売却価格を見ればわかります。

東京都新宿区戸山1丁目の地下鉄早稲田駅から歩いて5分の場所にある
築15年の中古マンションの築25年になった時の売却価格は、
同じ地域の築25年の中古マンションの売却価格です。

このような事を調べることで、簡単に理論的に計算をする事ができるのです。

そして、利益が出る中古マンション投資ができるのです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » コツコツと不動産投資をする » 中古マンション投資は、家賃収入と売却益の合計が利益