ワンルームマンションで不動産投資をする事は、投資商品を買う事と同じ | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



ワンルームマンションで不動産投資をする事は、投資商品を買う事と同じ

ワンルームマンション不動産投資をする事は、投資商品を買う事と同じです。


ワンルームマンションを新築で購入をしますと、非常に高いです。

これは売主である不動産会社がたくさんの利益を乗せて
販売をしているからです。

ワンルームマンションを安く購入をするには、
理論的には自分でワンルームマンションを一棟建てることです。

しかし、このような事を現実的にできる人は少ないです。

地主などでなければ、自分で土地から仕入れて、
一棟のマンションを建築をする事は、相当なノウハウと
経験が無ければできないことです。

このような事ができるのが不動産会社です。

不動産会社は新築のワンルームマンションを売却をした時点で
利益が確定できます。

ただ、新築ワンルームマンションを購入をした人は、
投資した資金を回収をするまでは、利益が確定できません。

このため、利回りが低い新築ワンルームマンションを
購入をして資金を回収をする事は、非常に時間が掛かります。

さらに、新築ワンルームマンションを資金を回収するまで
所有をしていますと、20年以上掛かりますので、
その頃には、ワンルームマンションの価値が3分の一以下になっています。

これでは、投資商品として、かなりリスクが高いことになります。

今の時代、20年も価格が下がる投資商品を所有をする事は、
非常に儲けが出にくいです。

逆に、損をする可能性が高いです。

そのような事を考えれば、築15年以上経っている
価値が下がった中古ワンルームマンションを購入をすることで、
物件の経過年数による価値の下落も少なく、
投資資金も回収しやすいです。

このような考えで、ワンルームマンションという
投資商品を購入をする事です。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » コツコツと不動産投資をする » ワンルームマンションで不動産投資をする事は、投資商品を買う事と同じ