中古マンション投資は、入口をよく考えると失敗をしない | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



中古マンション投資は、入口をよく考えると失敗をしない

中古マンション投資は、入口をよく考えると失敗をしないです。


不動産投資をするうえで入口となるのが、収益物件の購入です。

この購入をする物件を失敗をしますと、大きく損をする事になります。

しかし、購入する物件を間違えることが無ければ、自然と成功をします。

そのために重要な事は、まず、築浅の中古マンションを購入をしないことです。

これが非常にポイントになることです。

なぜなら、中古マンションを購入をして不動産投資をする事は、
建物を購入をして賃貸住宅として貸し出すことです。

資産としては、建物だけの価値があり、土地の価値は無いも同然です。

このため、築浅の中古マンションは築年数が経つと
建物の価値が自然と下がります。

これは、日本全国どのような地域であっても同じような事言えます。

例え、東京都23区内の山手線の内側の築浅の中古マンションであっても
築年数が経てば自然と価値が下がります。

このような事から、中古マンションを購入をして
不動産投資をするには、築15~25年ぐらいの収益物件を
購入する事がベストです。

あまり中古マンションを購入して、資金を回収をした後に
売却をしても、物件の価値があまり下がっていないので、
購入価格からあまり値下がりをしない価格で売却をできます。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » コツコツと不動産投資をする » 中古マンション投資は、入口をよく考えると失敗をしない