区分所有の不動産投資は、土地の価値が無いため激安で購入する | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



区分所有の不動産投資は、土地の価値が無いため激安で購入する

区分所有不動産投資は、土地の価値が無いため激安で購入する事です。


これは、区分所有の最大のデメリットを理解して、不動産投資をする事です。

一棟物の不動産投資は、土地が資産の価値として大きいです。

これに対して、区分所有の不動産投資は一応敷地利用権という
権利が付いていますが、土地を実際に切り売りをする事ができないため
土地は無い不動産を購入をする事になります。

このため、区分所有を購入をする事は
建物を購入する意識を持つことです。

区分所有に実質的な土地の価値は無いのです。

このような事を理解して、区分所有を現金で激安で購入をしますと
手堅い不動産投資をする事ができます。

デメリットがある区分所有は、築年数がある程度古いものであれば
安く購入できることが多いのです。

それでいて、家賃は多く取ることができる可能性が高いです。

これは、区分所有の中でもファミリー物件であればの話です。

2DK・2LDK・3DK・3LDKなどの区分所有を
激安で購入をすることで高い利回りを出すことができます。

ただ、土地の価値は無いので、出口戦略として
売却をする時は、区分所有という建物を売却をする事になります。

区分所有のデメリットの部分を価格の交渉に使うことで
激安に購入ができるのです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » コツコツと不動産投資をする » 区分所有の不動産投資は、土地の価値が無いため激安で購入する