不動産投資をする時は、築1981年6月以降の収益物件にする | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



不動産投資をする時は、築1981年6月以降の収益物件にする

不動産投資をする時は、築1981年6月以降の収益物件にする事です。


収益物件を購入する時は、あまり古い物件を購入をしますと、
いろいろな問題が出てきます。

リフォームが必要であったり、リフォーム代が高くなったり、
雨漏りをしていたり、いろいろな厄介ことが発生をする事が多いです。

しかし、耐震性の問題が一番重要です。

1981年6月以前に建築された建物と
1981年6月以降に建築された建物は
耐震性が全く違います。

これは、建築基準法が改正されたことによるものです。

もし、築1981年6月以前の中古アパートを購入をして、
大きな地震が発生をしたときに、アパートが倒壊をして
住んでいる人が亡くなることがあれば、裁判になることもあり得ます。

耐震性が低いアパートに住まわせている責任を取らされて、
大家が無くなった遺族に損害賠償を支払うように
裁判所の判決で出ています。

これは、阪神大震災の事例ですが、実際に裁判になりますと
このような判決が出ています。

このため、安いからと言って耐震性が弱い収益物件を
購入をする事は、非常にリスクが高いことです。

例え、利回りが100%であっても、耐震性が弱ければ、
万が一、大きな地震があって建物が倒壊をすれば、
賠償責任を取らされる可能性があります。

日本は、地震大国ですので、
このような事に気を付けることが必要です。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » コツコツと不動産投資をする » 不動産投資をする時は、築1981年6月以降の収益物件にする