競売で不動産投資をする考えは、割高で現在は難しい | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



競売で不動産投資をする考えは、割高で現在は難しい

競売不動産投資をする考えは、割高で現在は難しいです。


不動産競売で不動産を安く購入ができたのは、10年以上前の話です。

現在では、競売で収益物件などの不動産を購入をしようとしても
非常に割高です。

普通の不動産会社で購入をするより、落札価格が高いことも多いです。

これは全国的にこの傾向が見られており、特に都会であればあるほど
ビックリするような高い金額で不動産が競売で落札されています。

このため、現在では競売で不動産投資をすることをおススメしません。

しかし、まれに地方であれば、一戸建てやマンションなどが
安く落札できることがあります。

これは、確率で言えば10%未満ですが、そのような不動産競売を落札できれば
非常に利回りが高い収益物件となります。

収益物件は、全体的に割高ですので、落札できる可能性は低いでしょう。

ただ、一戸建てやマンションであれば、多少の可能性があります。

競売を落札をするポイントは、自分が購入をしたい基準を作って
それ以上の金額で入札をしないことです。

そのためには、自分が競売の物件に惚れるのではなく、
あくまでもこの購入金額であれば、落札しても良い、
という考えで入札をする事です。

競売というのは、どのような不動産であっても、
落札をする事はビックリするような高い価格で入札をすれば、
100%落札できます。

しかし、それでは採算が取れない低い利回りとなります。

そのため、しっかりした購入基準を持って、
不動産競売に参加をするべきです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » コツコツと不動産投資をする » 競売で不動産投資をする考えは、割高で現在は難しい