現金で不動産投資をすると火災保険は月払いができる | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



現金で不動産投資をすると火災保険は月払いができる

現金不動産投資をすると火災保険は月払いができるのです。


不動産投資ローンを利用をして、収益物件を購入をする時は、
火災保険に加入をする時はローンの返済期間分だけ一括で
保険料を支払います。

しかし、現金で収益物件を購入をした時は、
火災保険は月払いでも、5年間の一括で支払うか、
選択できます。

月払いの方が、一括払いより総額の支払保険料が多額になりますが、
大きな出費となりません。

収益物件を購入をしますと、いろいろな経費が発生をして、
その年は赤字になりやすいので、5年一括で火災保険料を支払うより、
月払いの方が赤字になる可能性が低くなります。

そうする事で、確定申告をしたときに黒字の申告ができるので
金融機関の評価が高くなりやすいです。

また、初めて不動産投資をする時は、1頭10部屋以上の
収益物件を購入しない限り、確定申告は白色申告になります。
(青色申告もできます)

そのため、基礎控除が10万円となり、さらに赤字の損失を
次の年に繰り延べることができません。

このため、月払いの火災保険の支払いをすることで、
赤字の回避をする事ができ、保険料の支払いを
すべて経費にする事ができるのです。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » コツコツと不動産投資をする » 現金で不動産投資をすると火災保険は月払いができる