学生向けのワンルームで不動産投資をすると苦戦をする | 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



学生向けのワンルームで不動産投資をすると苦戦をする

学生向けワンルーム不動産投資をすると苦戦をする事が多いです。


アパートの大家といえば、大学生向けの収益物件を持っている人が
多いイメージがあります。

確かに、そのような物件をたくさん持っている大家は多いですが、
現在では結構苦戦をしています。

これは、大学生の数が少子化の影響で減っているからです。

そのため、これからは学生向けの収益物件を購入をしますと、
入居付けにかなり苦戦をします。

全国にある大学の周辺には、学生向けのアパートやマンションが
たくさん建てられていて、供給過剰であるのです。

それだけでなく、地方の私立の大学などは学生が集まらずに
閉校などが起きています。

このため、学生向けのワンルームを購入をする時は、
需要が大学生の入居しか見込めない場合は、
非常に危険な状況になっています。

最悪、購入をしたワンルームの収益物件の近くにある
大学が閉校をしたり、移転をしたりすることはよくあります。

大学校舎の移転は、全国的に都心に回帰をする傾向があります。

そのため、地方にある大学はこれから結構厳しいです。

このような事を考えると、1つの大学に需要を求めるのは、
現在ではリスクが高いと言う事です。

不動産投資


2人に1人が大家さん
不動産投資の学校



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中

不動産投資の始め方を初心者でも成功するノウハウをブログで公開中 TOP » コツコツと不動産投資をする » 学生向けのワンルームで不動産投資をすると苦戦をする